久し振りにご相談させて頂きます。
長文ですが目を通して頂けますと幸いです。

私は大学2年生の女子です。
現在、部活を退部するかということで非常に悩んでいます。

私は中学1年生から今まで、受験生だった期間を除き、約7年間弓道部に所属しています。

中高一貫校に通っていたのですが、そこの弓道部は然程強くもなく、引退までの5年間であまり実力は付けることが出来ませんでした。
ただ、私は弓道自体は大好きでしたので、引退する前から大学でも続けようと決めていました。

大学に進学した後は全く迷わず弓道部に入部しました。そこは部自体は弱い訳ではないのですが、指導者が滅多に来ず、的中率の高い人は自己流の方法がたまたまハマっている、という感じでした。失礼ですが型も綺麗ではなく、弓を引く以外の基本動作(立ち方、座り方など)も出来ていない、という具合でした。

初めは学生ならばそんなものだと思おうとしましたが、やはり時と共に自分の目指すものとの差を強く感じるようになって来ました。更に、経験者というだけで、周囲より劣っているくらいなのに私は先輩や同輩から指導してもらえないということに気付きました。頼めばその場では指導してもらえますが、「経験者には口出ししにくい」ということで、継続はしませんでした。

彼等の気持ちも分かります。
ただ、私は目立つ成績を上げられている訳ではありません。「経験者には口出ししにくい」とは言いますが、その本人が頼んでいるのに結局変わらずじまいです。真剣に訴えても助けてくれない部員達に、段々と諦めが募っていきました(型が綺麗ではない方に教えて頂いても身にならないのでは?と思い始めたこともあります)。

指導がないことの他に辛いのが、「経験者」という先入観です。繰り返しになりますが、私は特に上手い訳ではありません。それに対して、「経験者なのに」という目を感じることが時々あり、それがとても負担でした。
バイトもしながらでしたがそれなりの頻度で自主練にも通い、指導がないながらも努力はしたつもりです。それが全く実らないのが辛くて堪りませんでした。

また、私の大学では2つの学科が合同で部活を行っているのですが、私の所属する学科は質素な人が多く、もう1つの学科はその特性上裕福な家庭の人が多いです。当然ながら金銭感覚も異なり、部活の都合上の出費もかなり厳しく、全てバイト代で賄っている私は無理をして働いている状況でした。それに疲れてしまったことも退部を考えた要因の1つです。

どうすれば良いか考えていたとき、自宅近くの体育館にある弓道場で、社会人を中心とした(学生も可)団体が活動していると知りました。そこの年会費は部活での1〜2回の飲み会分でした。個人所有の弓は必要になりますが、高い段位を持った方々に指導してもらえる上に、部活よりも遥かに金銭的な負担も少ないと知り、部活を退部してそちらの団体の方に入会させて頂こうと考え始めました。

これだけなら、悩む余地もなく即断していたかも知れません。しかし、退部をすぐに決断出来ないような理由もあったため、決めかねています。

それを挙げると、
 ・諦めはあったが部員達の人柄は好き
 ・退部してしまうと部員達と関わりを
  持ちづらくなる(退部に罪悪感がある)
 ・今まで「弓道部」に所属していた経歴を
  断つのが勿体ないような気持ち
 ・もしかしたら私が悩んでいるのは些細な
  ことで、これで辞めてしまったら私は
  自分に負けたことになるのではないか?
 ・実は同輩にずっと片想いしていた人が
  いる。昨年末に告白して今年に断られた
  形になったが、今も友人として親身に
  なってくれてはいる。
  その相手も経験者だが、こちらは
  かなり上手い。
  彼も時々指導してくれたが、部内の
  仕事などでタイミングが合わないことが
  多かった。
  私が退部を考えていることは、
  次期主将なので彼には言ってある。
  経験者ならではのことだったからか、
  強く共感してくれた上で
  「辞めないで欲しい」と言われた。
  だからという訳ではないが、やはり彼と
  関わりが薄くなってしまうのが寂しく、
  未練がある状況。

すぐに部活を辞めて地区の団体に所属した方が、技術の上達のためにも金銭的・体調的な面でも良いのは分かっています。ただ、上記のようなどうしようもない理由で最後の区切りが付けられません。
昨日、そのためにバイトで少しずつ積み立てて来たお金で、弓を買いました。あとは弓さえ届けば、退部して外部で始められます。それを嬉しく思う反面、上記の理由から手放しで喜べない自分がいます。優柔不断で情けないですが、これらを断ち切ってスッキリとした気持ちになれる方法を知りたいです。

人間関係のようなあまり深刻な相談ではなくて申し訳ありません。
分かりにくく長い文章になってしまいましたが、コメント等お待ちしております。
宜しくお願い致します。