矛盾にに近い複雑な気持ちが今でも晴れず、もういっそ当事者達に土下座でもかませばいいのかな



二年ほど前の夏…といっても終わりかけの頃ですが

その時にあった恋愛沙汰に対する複雑な気分が今でも残っており、一言で言い表せられないようなな無力感というか失望に近いぼやきが出ます

憎いだのなんだの、負の感情みたいなものはもうそんなに残ってなくて自分なりに昇華できたとは思ってはいるんですけどね

自分含め三人の当事者のうち一人、
Aと仮名を付けます。
Aに対しては普通に友達にかける心配や念慮はあるんですが
Aはまだあの時と同じような事を繰り返しているようで心配した私がバカみたいだなと心配と失望の感情が、

三人のうちのもう一人、
こちらはBとします。
Bに対してはぐずぐずしてるから私が巻き込まれたという怒りと
私の事は放置していいからとりあえず弁明でもしておいでという遠慮、



そんなことがあった当時、心配して来てくれた人
同じように仮名をCとして、


自分は事そのもので受けたダメージと言えば友達が「何人か減るなぁ、悲しいなぁ」とか「もう自分はいいから二人で幸せになっておいで」みたいなものでそんなにつらくはなかったです

ただCが心配してきてくれていたので、と
申し訳なさそうからつらいふりをしてきました



心配と失望
怒りと遠慮
申し訳なさ
矛盾するのかと言われたらなにも言えませんが自分のなかでは食い違うような感情だと思ってます

どうしたらいいんでしょうね、この感情は
人間そういう矛盾した感情も持つらしいんですがいくつもありすぎて疲れました。