ミチ(精神保健福祉士/産業カウンセラー)

精神保健福祉士のミチと申します。 産業カウンセラーとキャリアコンサルタントは聴覚障害者初で資格取得しました。 更生寮等で生活支援員と相談支援員をやっており、現在は企業にてピアサポと営業事務を行っています。同時にろう学校のスクールソーシャルワークも行っています。一人で抱え込まずなんでもご相談下さい。あなたの世界観について、一切否定はしませんので、ほんの少しだけ勇気を出してみませんか。世界が広がっていけるよう一緒に歩み沿っていきませんか。
ミチ(精神保健福祉士/産業カウンセラー)さんが 共感・役に立った・応援した数
つぶやき 悩み相談 コメント
0 0 0 0 0 0 0
ミチ(精神保健福祉士/産業カウンセラー)さんが 共感・役に立った・応援された数
つぶやき 悩み相談 コメント
0 0 0 0 2 13 4
  • つぶやき一覧

    このユーザーにコメントをしてみよう!

    ココオルに無料登録して、いまの気持ちをどんどんつぶやいてね!

    • ミチさん、はじめまして。私も聴覚障害を持っています。現在、ミチさんと同じ産業カウンセラーとキャリアカウンセラーを目指して勉強しております。そのことについてご相談をしたいのですがよろしいでしょうか?
  • 相談一覧

    相談はありません。

  • 悩み相談コメント一覧

    2015-01-29 16:27 lilyさん、ミチです。
    投稿ありがとうございます。
    主治医に相談してみてくださいね。
    自分の思いについて、丁寧な言葉でなくても良いので伝えてみてくださいね。
    lilyさんに合う薬が見つかりますようお祈りしております。
    またつぶやきたくなったらいつでもお気軽にコメントをくださいね(^^)/
    2015-01-29 09:50 節さん、お礼のコメントありがとうございます!
    ミチです。

    前向きな考え方に変わりつつあるのですね!
    人生は山あり谷ありですからね。谷に落ちたとしても、そんなときもあるよね、と自然の流れとして谷を脱することができ、時を待っていればやがて山を迎えることができますから。

    国家試験の勉強、頑張ってくださいね。節さんの夢を応援していますね♬
    節さん、嬉しいお話辛いお話等なんでも構いませんので、いつでもお気軽にココオルに遊びに来てくださいね~(^^)/
    2015-01-27 13:51 lilyさん、こんにちは。ミチです。
    また投稿いただきありがとうございます。
    こころが不安定な状態なのですね。いまはどうでしょうか。
    イライラや嫌いな人がいると、「死ぬ」という考えに走るというのは良い方法だと思えません。

    死ななきゃいけない、治さなきゃいけないなど、
    「~しなきゃいけない」という考えは、自由意思を制限してしまい、本当にそこだけにしか見えなくなります。
    でも、lilyさん、本当はそれの反対で、「生きたい!治りたい!」と強く思っていらっしゃるのではないでしょうか。

    急いで無理して治す必要はないと思うんですね。焦りが治りを遅くしていくものですから、きちんと主治医とカウンセリングを行っていきませんか。
    治すにも人によってスピードが違います。
    主治医や看護師に自分の辛い思いを伝えて、症状にあった薬をいただき、ゆっくり休まれることが大切だと思います。
    またいつでもココオルにお話しに来てくださいね(^^)/
    2015-01-21 11:05 ramuさん、こんにちは。ミチです。

    お休みの日には好きなことをして自分の時間を過ごせたのですね!
    それは良かったですー!少しずつ気分転換のコツをつかんでセルフケアをしていくことが大切です。

    クラス担任がインフルエンザにかかってしまったのですね・・・。
    事務仕事、掃除をramuさんが担当することになるのですね。それはクラス担当の方が戻るまでの一時期だけでしょうか。
    全て一人でやらなくちゃという考えはせず、代替の職員と一緒に教えながらやっていくという風にしないと自分だけが苦しくなってしまいます。

    「お世話になります」などのあいさつがないのですね。皆さん自分で精いっぱいなのか、病気で周りに気を遣う余裕がないのか状況はわかりませんが、自分から使ってみてはいかがでしょうか。
    自分から発しない限り(やらない限り)、人は気づかないもの(変えられないもの)だと思います。

    行き場のないことでイライラしてしまってすごく辛く悔しいことだと思います。そんなときは好きなことをして気を紛らわる、例えば、お休みの時に行ったスノボの写真を眺めるとかスノボに関するサイトを見るとかしてイライラを少しでも半減させるのも一つの方法です。

    ramuさん、愚痴になっても謝ることはありませんよー(^^)/
    愚痴でも雑談でも何でもお話しても構いませんから。

    今では、その方は快方に向かって職場復帰しているところでしょうか?
    またお気軽にご投稿下さいね(*^。^*)
    2015-01-21 10:41 lilyさん、レスありがとうございます。
    お母様に言えず苦しんでいるのですね。言えば悲しませてしまうのでは・・と母親思いで優しいと思うのですね、lilyさん。
    しかし、言わないと、何も始まらないと思います。もしかしたらお母様も、娘が言わずにいる自体悩んでいるのかもしれません。一度に全部を話す必要はありません。独り言のように少し話してみるのも良いかもしれません。

    「何も思いつかない」それを正直に言ってみませんか。何も思いつかないのであれば、正直に何も思いつきません、と言う自体がとても大切です。
    ありきたりなことを考えることに労力を使わず、本当に何も思いつかないと正直に言ってしまった方が主治医もそれに対応し、新たな道しるべを示すかもしれません。
    また、長所と短所については、ココオルと一緒に考えていきましょうね(^^)/
    2015-01-16 11:03 お書き頂きありがとうございます。
    今回の内容ですが、どの内容が最もつらい、どの内容を解決、緩和すれば、今より少しはラクになりそうなどはありますでしょうか?

    いろいろと内容が複数あるようで、状況としてはひとつひとつ整理しながらやっていくべきかなと感じています。
    2015-01-16 11:02 マヒナさん、いくつものの投稿ありがとうございます。
    謝ることはありません。そのための相談なのですから。

    どういうご返信をしようかと考えていましたが、マヒナさんのご希望通り、ひとまずは私からの回答は控えておきますね。
    何があったかわからないのですが、また何かありましたら、いつでもココオルにご相談くださいね。
    2015-01-16 10:56 lilyさん、投稿ありがとうございます。
    精神保健福祉士のミチです。

    気持ちが辛く苦しい思いでいっぱいいっぱいなのでしょうね。
    lilyさん、辛いでしょう。泣きたいでしょう。

    薬を多く飲んでしまうことがあるのですね。効果については主治医とよく相談してくださいね。
    無意識になってしまう、薬を多く飲んでしまうなど現状をありのままに主治医や看護師に伝えてみましょう。

    「自分がわからない」、これはココオルと一緒にlilyさん自身について話し合っていきましょう。
    抱えているもの、モヤモヤする気持ちをぶつけてみませんか。
    焦らず少しずつ自分を知っていきましょう。

    普通の環境なのに死にたいと思うのですね。
    また、知らないうちに死んでしまうかもという不安は本当に怖いと思います。一人で抱え込まず、その不安をわたしたちココオルに話してみませんか。
    どのような話でもlilyさんを否定しません。
    いつでもお待ちしておりますね(^^)/
    2015-01-16 10:11 ひよこさん、投稿ありがとうございます。
    精神保健福祉士のミチです。

    イライラしていてもどかしい気持ちでいっぱいなのですね…。
    家庭でも学校でも体のことでも辛い思いをされてきているのですね。ひよこさん、本当に苦しいでしょう。
    お父様のご機嫌を伺っているということはいつも神経をとがらせていることと思います。体も心も相当痛手を受けていることでしょう。
    お父様がお休みの時にでも、ひよこさんの気持ちを素直に親に表現していますでしょうか。
    今の苦しみ、辛さ、イライラするということを親に伝えてみてはいかがでしょうか。

    ひよこさん、相談は決して逃げることではありません。自分を責めないでくださいね。自分のモヤモヤした思いを文字化にし、後から読み直したりすることで、いろいろな気付きを得ることもあります。キレイな言葉でなくても構いません。とことん自分の苛立ちを文字にしてぶつけてみても構いませんよ。

    薬の効果などについては、主治医とよく相談してくださいね。
    「飲むのが嫌になる」、そのことを正直にありのままに主治医や看護師に伝えてみましょう。

    イライラする自分をどうにかしたい、誰かに聞いてもらいたいと思ったときは、いつでもココオルに相談くださいね(^^)/お待ちしておりますね。
    2015-01-11 10:40 節さん、投稿ありがとうございます。
    精神保健福祉士のミチです。

    他人の評価を気にしていて自分のやりたいことがやれていないことが悩みなのですね。
    「間違っている」といわれると確かに落ち込みますよね。自分を否定されたと思いますよね。しかし、それを重く受け止めずさらりと流す姿勢も時には大切です。

    まずは、「他人の目を気にする」の前に、 まずは、「自分はどうしたいと感じるか?」と考えることが大事です。
    人はみんな自分と同じ考えを持つ人はいません。応援する方もいれば批判する人もいます。批判する人に対しては自分のためをと思って言ってくれるのなら改善していければ良いだけで、あまり深く考えず自分の目標に向かって頑張ればよいです。

    節さんがやりたいことについて、間違っているのかとのことですが、それを決めるのは、周りではなく、節さんご自身なのです。
    他人から間違っているといわれたら、すぐやめるのでしょうか。節さん、そのやりたいことに対する思い入れはどんな感じなのか改めて考えてみるのが良いでしょう。

    私は、節さんのやりたいことについては、すごく良いと思います。本当にやりたいのなら、それに向けて実現するためにいろいろやってみるのはいかがでしょうか。

    自分との考えに疲れてしまったり、誰かに聞いてもらいたくなったりしたら、いつでもココオルに訪ねにきてくださいね(^^)
    2015-01-11 10:17 P_ear_Lさん、投稿ありがとうございます。
    精神保健福祉士のミチです。

    外見のことで悩んでいらっしゃるのですね。周りの人と比べる必要はまったくありません。周りは周り、自分は自分です。
    P_ear_Lさん、外見について強いコンプレックスをお持ちになっているのですね。コンプレックスをなくしたいということはすごくわかります。
    しかし、人は誰でもコンプレックスを持っています。どんなに美人でスタイルの良い人でもコンプレックスはあります。
    容姿のせいで見下されているというのはP_ear_Lさんが勝手に自分の中で思っているだけで、周りはまったくそんなこと思っていないのかもしれません。
    マイナスのことばかり考えるととことんマイナス思考になってしまいますので、それはやめにしませんか。少しでも外見を良くしたいのであれば、お化粧をしてみたり、コスメの雑誌を読みながらいろいろなメイクをしてみたり、髪形を変えたりなど、そうすることで気分も晴れ新しい自分になれるかもしれません。周りのことより、自分のことに向き合っていきませんか。そうすることで嫌いな自分を少しずつ受け入れていければと思います。
    自分との考えに疲れてしまったり、誰かに聞いてもらいたくなったりしたら、いつでもココオルに訪ねにきてくださいね(^^)
    2015-01-07 17:33 みーちゃん、こんにちはミチです。
    お返事ありがとうございます。

    このお休み中にいろいろ考えていることと思います。
    気づきがあったと書かれてありますが、自分を見つめ直すと意外な発見がみつかります。今まで知らなかった自分を知ることもあります。

    みーちゃん、向き合おうとする姿勢はとても素晴らしいですね。真面目かどうかを決めるのはみーちゃん。人から言われて決めるものではないと思います。人からの発言には、参考として聞き入れて、あくまでも最終的に決めるのはみーちゃんご自分なのです。わからなくなったとしても、それは全然恥ずかしい事ではありません。
    少しずつ時間をかけて自分と向き合ってくださいね。
    決して楽な道のりではありませんが、みーちゃんらしい選択をしてください。
    自分との考えに疲れてしまったり、誰かに聞いてもらいたくなったりしたら、いつでもココオルに訪ねにきてくださいね(^^)
    2015-01-05 15:51 乃彩さん、精神保健福祉士のミチです。あけましておめでとうございます。投稿ありがとうございます。

    とても苦しくつらいですよね。何をしても褒めてくれない、認めてもらえない、子どもにとってはとても辛い状況です。他人と比べてしまうことで、何をやっても報われない気持ちになりますよね。乃彩さん、勉強漬けでとっても頑張っていらっしゃると思います。

    「勉強時間が少ないから成績が悪い」と決めつけないで、量(時間)より質(中身)を見直してみませんか。少しこう変えただけで、少ない時間で効率よく勉強がはかどる場合もあります。冬期講習の先生などからアドバイスをいただくと良いかもしれません。

    今、家族から責められている一方のようですが、乃彩さん、ご自身の気持ちを素直に親に表現されていますか。毎日家族から責められていると感じている部分も、もしかするとお兄さんや親御さんなりに激励のつもりなのかもしれません。なので、今の苦しみ、辛さ、死んだ方がいいとまで思うぐらいということをぜひご家族の方に伝えてみてはいかがでしょうか。

    褒めてほしいなど自分が思っている気持ちを正直に言わないと、親も相手にもなかなか伝わらない場合があります。自分の気持ちを素直に表現することは照れくさく恥ずかしいことと思うかもしれませんが、一歩勇気を出して言ってみるのも現状を打開するきっかけになるかもしれません。そうすることで親も子どもの悲鳴をキャッチできるかもしれません。

    もし既にそのようなことを自分なりにされていてのご相談を頂いているようでしたら、それを踏まえてどうやっていけばいいか、一緒に考えていければと思います。楽しい高校生活をエンジョイするためにも、今は受験勉強に専念した方が良いとは思います。

    ただ、今は勉強にもなかなか手が付かない状況かと思いますので、ぜひココオルでも色々と吐き出してくださいね。こうして勇気をもってココオルに相談してくれているわけなので、乃彩さんは現状を打開していけると私は思いますよ。たまには、息抜きをして、お気軽につぶやきやコメントをくださいね(^^)
    2015-01-03 14:16 マヒナさん あけましておめでとうございます。 精神保健福祉士のミチです。

    苦しくしんどくて心身とともに疲れてしまっているのですね。無理して言葉を発したり行動を起こしたりすることはありません。
    文字のやりとりならできるのですね。文字によるカウンセリングもあります。専門医に事情を説明して、対面できるまでは文字によるカウンセリングを希望するとかを尋ねてみるのも一つの方法かもしれません。

    傷を増やさないためにもココオルという絆創膏でしっかりと貼っていきます。爆発しそうなとき、押しつぶされそうなときなど、心の悲鳴をどんどん文字にして発散していきましょう。マヒナさんの想いをしっかりと受け止めます。一人ではないのです。ミチがしっかりと見ています。

    正月三が日は何かと慌ただしいと思いますが、いつでもお気軽にコメントをくださいね(^^)/
    2015-01-03 14:14 マヒナさん あけましておめでとうございます。 精神保健福祉士のミチです。

    ポエムの投稿ありがとうございます。自分の気持ちを文字に起こしてポエムのようにされたのですね。
    「生きていて心が少し軽くなっていた」、これは少しずつ自分と向き合っている証だと感じました。
    葛藤の毎日で辛いかもしれませんが、傷が深くならないよう、少しずつ文字にして自分を解放してみてください(^^)
    2015-01-03 13:07 みーちゃん あけましておめでとうございます。精神保健福祉士のミチです。

    辛いと思うことについて、全然甘いだなんで思いませんよ。これまで何もなかったことが突然こうなるという事態は誰も予想できないことです。それが甘いという考えにつながるということは全然ありません。しかし、今回経験をしてみて、いろいろな気づきを得たと思います。
    この先どう対処したらよいか方向性が少しはわかってきたと思います。

    みーちゃん、休職中は会社から離れているから、今は落ち着いていらっしゃるのですね。その間に、ゆっくりと自分を見つめなおし、将来なりたい姿をしっかり思い描いていけることを願っています。難しい場合は、ここで一緒に考えていきましょうね。

    選択肢はいろいろとあり、大変悩ましいと思いますが、どの選択肢を選んだとしても後悔しないように、自分に精一杯向き合うことが大切だと思います。またお気軽にコメントをくださいね(^^)
    2014-12-29 20:27 みーちゃん、ご投稿ありがとうございます。精神保健福祉士のミチです。
    現在、休職をなさっているのですね。少しは落ち着いていますでしょうか。

    電話恐怖などが原因なのですね。原因はそれだけではなく、複雑に絡んでいることだと思います。みーちゃんの中ではさまざまな出来事があったようでとても辛かったことでしょう。休職することで自分を見つめ直すにはとても良い機会だと思っています。

    「復職することが怖い」、つまり、前と同じようなことが起きるのではないかという恐怖ですよね。休職後は元の職場に戻るのが基本的ですが、会社の中にはいろいろな仕事があります。福利厚生も大事ですが、今、自分にとって何を優先にして考えたらよいかの方が大事だと思います。

    接客の仕事がしたいという考えが芽生えてきたのですね。就活していたときの職種希望が今、強く思えてきて、人と関わることがお好きなようですね。何を始めるにしても遅いことはないと思います。

    今の会社に接客の仕事はあると思いますがどうでしょうか。福利厚生にこだわるのでしたら、退職せず、今の会社で自分のやりたいことを人事にお伝えしてみてはどうでしょうか。一度会社の方に相談してみて、自分の思い話してみるというのはやってみるとよいと思います。休職しても人事との連絡はあると思いますので、そこでお話してみるのも一つの方法です。

    接客の経験次第ですが、復職後、フルタイムで働くのではなく、時間短縮などして働くなど提案をしてみてはどうでしょうか。年の瀬で慌ただしいと思いますが、体調にはくれぐれもご留意ください。またいつでもお気軽にコメントをくださいね(^^)
    2014-12-29 20:22 マヒナさん、ミチです。睡眠外来は病院の中で見つけることができたのですね。
    薬が出ることについては、医者とよく相談することが大事になります。

    薬を飲みたくないのであれば、きちんとそれを伝えて、医者がなぜ薬を出すのか、メリットやデメリットを説明してくれるはずです。そこから判断してみるのも良いでしょう。

    趣味は楽器演奏と何かを作ることと詩を書く事、なのですね。しかも小学生から続いているのですね!それぐらい夢中になれるというものですね。

    精神安定させるためにやっている、それは素晴らしいことですね。趣味ということを利用して、自分で自分をコントロールできる術を身につけている、ということに解釈することもできます。何かを作るって、手先が器用なのですね!マヒナさん、いいところがたくさんありますね!自分の気持ちを詩にしてどんどん書いてこころを浄化しちゃうのもありです!
    2014-12-26 18:19 るしあんさん 投稿ありがとうございます。精神保健福祉士のミチです。

    ご相談内容を拝見させて頂きました。
    今は大変お辛い環境で、支えてくださる方がいらっしゃらないのかなと感じました。
    ココオルにご質問頂き本当にありがとうございます。

    死んではいけない理由、それは人によっていろいろな考え方があるでしょうね。るしあんさんは死にたいと感じてるものの、誰かからだめだと言われてしまっているのですね。そしてその理由を相手に尋ねても、ダメだからと言われるだけでしたら、理由が気になってしまうのもたしかに無理はないと思います。

    世の中には生きたくても生きれない人がいるのは事実ですね。また、頑張って生きていて、それでもどうしようもなく死にたい人がいるのも事実だと思います。るしあんさんの考えは何も間違っていないと思います。事実として、生きたくても生きれない人はいますし、頑張っているものの、死にたい人も世の中にはいらっしゃると思います。

    生きていればいいことがあると、誰かが言っていたのでしょうか。どういう状況でのその方の発言なのかはわかりませんが、たしかに生きていればいいことがある可能性はあると思います。ただ、必ずいいことがあるかどうかといえば、それは誰にもわからないのではないかなと思います。なので、この部分に対してのるしあんさんの疑問も、何も間違っていないと思います。

    また、“いいこと”という言葉の意味合いについても、人それぞれなので、どの程度のことを“いいこと”とするのかは、人によってまちまちでしょうね。

    なぜ死ぬことは悪いことなのかというご質問ですが、死ぬこと自体は悪いことだとは思いません。これまでこの世に生を受けた人で、死ななかった人はいないわけですし、死ぬこと自体が悪いことだとは思いません。生まれた以上、遅かれ早かれみんな死ぬわけですから。

    なぜ死にたいと思う気持ちを止めなければならないのかというご質問ですが、死にたいと思う気持ちは自然と出てきてしまっているのではないかなと思いますので、無理に止めなければならないということはないと私は思います。死にたいと思う気持ちは、止めなければならないと、誰か周りの人が言っておられたのでしょうか。

    『なぜ死んではいけないのか?』こういう問いは非常に哲学的で、人それぞれに見解はあると思います。正しい答えが唯一あるというものではありません。

    なので、人それぞれ、いろんな見解があるという認識をしておけばいいのではないかなと思います。

    今回ココオルにご相談頂いて本当にありがとうございます。身の回りに支えてくださる方がいらっしゃらないので、こういうご質問をココオルに頂いたのかなと思います。すぐにはなかなかお辛い状況が変わることはないかもしれませんが、少しずつどうやっていけばいいか、一緒に考えていきましょうね(^^)/
    2014-12-25 23:28 ご投稿いただきありがとうございます。精神保健福祉士のミチです(^^)/

    お話を拝見させて頂きました。状況としては、やはり我慢してみても、ついつい見てしまうと思いますし、見てしまう自分、対応してしまう自分を自己嫌悪しないことが大切かなって思います。ご自身でも、ひねくれてしまっている、恨んでいる、恐怖させられている、勝ち誇っている、という表現をお書きになられていましたが、こういう自分自身については、どういう思いがあるでしょうか。

    現状はネガティブな気持ちが、負のエネルギーになってしまっているようですが、自分の人生をより充実させるためには、今の粘着的な行動を少しずつ変化させていけるといいですね。

    twitterに依存してしまい、日常の喜怒哀楽を、twitterやインターネットの情報で左右されてしまう人も少なくありませんが、最も断ち切るのに有効なことは、インターネット以外の現実世界で、何か行動をしていくことです。たとえば、運動をする、友達と遊ぶ、目標を持って行動していく、インターネットの時間を1日朝晩の20分の2回に制限する、などです。

    人間はついつい、インターネットの情報で、一喜一憂して時間を無駄に使ってしまうこともありますが、毎日の悪い習慣として形成されてしまっている状態では、自分の意識だけでは悪い習慣をやめることはなかなか難しいものです。なので、インターネット以外の現実世界をより充実させることで、現実ではない仮想の世界、ネット上の情報に左右されることもどんどん減っていくようになります。

    現実世界の趣味や好きなこと、インターネット以外で自分の好きなことにはどういうものがありますか。

    インターネット以外で自分の時間を使っていけるようになることを考えてみてくださいね。少しずつ一緒に考えていきましょう(^^)/
    2014-12-24 14:26 マヒナさん、投稿ありがとうございます。ミチです。
    音や声に反応してしまうのですね。

    怖く苦しい思いをし、それがストレスとなりしんどくなってしまうようでしたら、専門医のところへ行ってカウンセリングするのが良いかもしれません。このままだと悪化し、エスカレートしてしまったら、いろいろな面で支障をきたすかもしれませんし…。

    自分で行動を変えるというのはすごく難しいと思います。

    おそらく仕事中にいつまでも歌でごまかせるような状況じゃいられないと思います。

    セルフケアできるようにするためにも一度専門家がいるクリニックなど訪問してゆっくりと解決していくことをお勧めします。もし、クリニックに行きづらい場合は、ココオルでストレスとなるものをどんどん書いて、ためないようにしていきませんか。
    2014-12-24 13:26 Aさん、ミチです(^^)/

    朝から昼ですか。夜は大丈夫なのですね。夜と同じ状況にするのは難しいといったところでしょうか。

    家にこもりっぱなしのようですが、たまには外に出て空を見上げたり深呼吸をしたりして、少しずつ息苦しい気持ちから解放してみませんか。

    アイコン、ほめていただきありがとうございます!
    癒されたというので、ホッとしました~!
    Aさんにかわいいと言ってもらえて私はとっても嬉しいです!
    2014-12-23 17:56 和菓子さん、2回目の投稿ありがとうございます。
    ミチです。

    和菓子さんは変ではありません。本当につらいのですね。自分の中で、いっぱいいっぱいの状態なのかなと思います。

    人は全員、強い人はいません。和菓子さん、他人と自分を比べることは全くありません。和菓子さんは和菓子さんのままで良いのです!

    まずは、自分と向き合うことから、人付き合いをしてみる方が良いかもしれません。

    焦らず自分のペースでいいのです。

    ココオルで少しずつ、自分を解放してみませんか。
    気が向いた時で良いので、お話をお聞かせください。お待ちしておりますね(^^)/
    2014-12-23 17:53 和菓子さん、ご投稿ありがとうございます。精神保健福祉士のミチです。

    ごめんなさいごめんなさい、と書いてありますが、謝ることは全然ないのですよ。勇気を出してココオルに来てくださり、本当にありがとうございます!

    他の方にご相談されたのですね。その方がどのような方なのかはわかりませんが、専門家でないのにもかかわらず、障害名をはっきりと告げられた上、病院へ行ったほうがいいと言うような方は、素人の一つの意見、考えに過ぎないのかなと感じます。なので、その方が専門家でない場合は、何も気にされる必要はまったくないと思います。むしろ、専門家でない場合、そういう人の意見、考え方に影響を受けないことが大切です。

    専門家は、障害名を決めつけることはまずありえません。告げるといえば、医師のみにできることになります。しかし、今の病院、お医者様であっても、簡単に「あなたは○○障害です」と言うことはありません。はっきりと告げられると、その障害自体にとらわれてしまい、周りのことやその他の可能性を考えられなくなるということもあるそうです。障害一つだけに限らず、いろいろな症状が複雑に絡んでいくということもあります。

    和菓子さん、自分と向き合うことが怖いのですね。辛く苦しい状況にある和菓子さんのお話をお聞きしたいです。ゆっくり話していくことで、自分と少しずつ向き合えるようにしていけたらと思います。最初は自分と向き合うことが怖いと感じるかもしれませんが、新しい自分になるための試練だと思って、弱い自分嫌な自分などココオルと一緒に話してみませんか。ココオルは和菓子さんを否定しませんので。一緒に寄り添って考えていければ、そう思っています。お話をするのは、強制的ではもちろんありませんし、気が向いたらでかまいませんよ(^^) またお待ちしておりますね。
    2014-12-23 17:48 るしあんさん、ご投稿ありがとうございます。ミチです。

    相談内容は愚痴でも願望でも構いません。くだらないことから悩みまで、なんでも自由に書いてくださって大丈夫ですよー。

    何かを失うことは本当につらいことですね。辛くても苦しくてもるしあんさんはこうして生きて、ココオルに書き込みをしてくれている、それはすごいことです!私はるしあんさんに出会えてうれしいです(^^)

    体も心も弱いというけれど、るしあんさんは辛さや苦しい感情と戦っているので、強いところもあるのではないかなと思います。相手のことを考えることができる優しい人だと私は思うんですよね。その頑張りさは周りに伝わるものであり、いつかは、つらさや苦しさを超えて楽しい感情に変われると私は思います。

    逃げてもかまわないと私は思います。しかし死ぬのだけは同意できません。もう一度言います。死ぬのだけは同意できません。逃げるというのは恥ずかしいことではありません。世の中にはいろんな人がいますが、これまでに逃げたことが一度もない人というのはいないと思います。

    程度の差はあれ、誰もが逃げたくなるほどつらく、苦しい経験をしたことはあると思いますし、状況によっては逃げることもとても大切な選択肢の一つです。一時的に逃げた場合、その間、自分の好きなことをして、自分のためにご褒美をあげて、充電するというものにすれば良いのではないかなと思います。

    少しずつ、負の感情をココオルにお話をして、ひとつひとつ整理しながら一緒に取り組んでいきましょう。キレイな文章でなくてもまったく構いません!全然大丈夫ですからね。お時間があるときにまた感情、お気持ちをそのままご投稿くださいね。またお待ちしております(^^)/
    2014-12-23 17:43 マヒナさん、ミチです。

    睡眠外来とは不眠症等の睡眠障害を改善するための治療を行っている睡眠治療の専門の医療機関のことになります。ただ、睡眠外来は新しい診療科目なので、設置していないところが多いかもしれません。

    もう少し説明をしますと、「 日本睡眠学会 」という日本の睡眠治療のトップにある機関によって認定されている専門医を探し、あなたのお住まいの近くにいる専門医の所属する病院にかかることがより確実性が高い治療を受けることができると思います。

    「日本睡眠学会」によって認定されている医師や機関では、より専門的な検査や高度な治療を行うことのできる体勢が整えられています。

    【日本睡眠学会】
    http://jssr.jp/data/list.html

    日本睡眠学会によって認定された医師がお近くにいない場合は、「 インターネット検索 」によってお近くの睡眠治療を行うことのできる機関を探すと良いでしょう。睡眠治療は、医師から定期的にアドバイスをもらいながら行うものなので、近くて行きやすいというのも重要な病因選びの要素の一つです。

    ポエム化を通して、苦しい、助けてほしい、マイナスの感情をどうにかしたいということが伝わってきています。マヒナさんがそのような感情を抱くなんて、私はとても心配しています。辛い・苦しい感情を少しずつココオルを通して一緒に考えていきましょう。

    マヒナさん、最近行っている趣味とはどんなことなのでしょうか。差し支えなければ教えてください。一点を見続けボーっとしていることはマイナスではありません。今は無気力になるときなのかもしれません。

    ココオルで少しずつ、もやもやした辛い、苦しい感情を吐き出して気持ちを解放していきませんか。
    いつでもコメントをくださいね。お待ちしていますね(^^)/
    2014-12-22 19:44 らんさん、初めての投稿ありがとうございます。精神保健福祉士のミチです。
    つらいことやくるしいことがあったのでしょうね。自傷行為をするほど苦しんでおられるのですね。からだだけではなく、こころもたくさん傷がついているのですね。痛いでしょう…。辛いでしょう…。

    全部捨てたら楽になれるのですね?しかし、らんさんをとめる人や怒る人がいるようですね。気持ちが揺れているといったところでしょうか。差し支えなければ、全部捨てたいと思ったきっかけを、教えていただけませんか。
    そして、吐き出すことで、ココオルと一緒に気持ちの整理や確認をしてみましょう。またお気軽にコメントをくださいね(^^)/
    2014-12-19 23:42 こんにちは、マヒナさん。ミチです。

    力仕事をしているのですね。睡眠不足だと疲労感が増し、こころの方も疲れ果ててしまいますよね・・・。
    寝れないとか悪夢とかは辛いですね。夢をコントロールするのは難しいですから、睡眠における工夫をすると良いかもしれません。
    例えば、寝る前は恋愛漫画や恋愛の本を読む、アロマを焚いてリラックスする、楽しい音楽を聴く、温かいココアを飲むなどがあります。マヒナさんとお話をしたいので、消えてほしくないです!ぜひまたお気軽にコメントくださいね(^^)/
    2014-12-19 23:39 マヒナさん、2回目の投稿ありがとうございます。ミチです。

    今回は、ポエムっぽい文ですね。マヒナさんの感情をポエム化にしたのですね。
    前回相談された夢ですが、その後いかがでしょうか。眠りに関する工夫など行動に移せたのでしょうか。
    少しずつ怖くて泣く夢から笑って泣く夢に変われるようになるには、睡眠外来の医者等によるカウンセリングが大事だと私は思っています。

    さて、いま、マヒナさんの心は黒い色をされているのでしょうか。真っ白な世界に憧れ、今までの辛さをリセットしたいという気持ちが伝わってきています。
    疲れたら、今の環境から離れてすこし休みませんか。旅に出るのもいいですし、好きな本を読むのでもいいですし、音楽とかスポーツとか趣味とかに没頭するのもいいですし。
    今の辛い環境から離れてみて、リラックスできる環境をつくってみませんか。

    白銀の世界を作れるよう、ココオルで少しずつつぶやいていきましょう。
    自分を吐き出すことで心のもやもやが少しでも晴れ、辛いことに対する免疫がつき、こころが強くなれるのかもしれません。また、お気軽にご投稿くださいね(^^)/
    2014-12-19 21:22 Aさん、ご投稿ありがとうございます。精神保健福祉士のミチです(^^)/

    朝方から愚痴がたくさんあるのですね。何か辛いことや大変なことがあったのですね。それは本当に辛く苦しいことだと思います。自分の中だけに溜め込めず、言いたいことは少しずつ吐き出していきましょうね。ココオルはAさんを拒否せず、なんでも受け止めて一緒に考えていきますから安心して愚痴っちゃってくださいね!

    もし、差し支えなければ、どのようないやなこがあったのか、や辛いことなど愚痴の原因たるものを教えてくださいね。またいつでもお気軽にコメントお待ちしています(^^)/
    2014-12-16 01:08 ramuさん、ご投稿ありがとうございます。ミチと申します。
    お久しぶりにココオルにお訪ねいただきありがとうございます!

    心療内科やメンタルヘルス専門員などに足を運び、自分の思いを伝えたのですね!大きな一歩ですね!

    さて、今回は、、、ramuさん、相手のことを考えてしまう、とても責任感が強くまじめな方ですね。ちょっとしたミスや失敗を許さない正義感のような熱い心を持った方のように感じます。
    しかし、周りの方の行動の振る舞いにいらだち、それが募りに募って、帰宅しては倒れ込む状態にあるのですね。。とても苦しい思いをされていると思います。

    ramuさん、本当につらかったでしょう。ネガティブな考えを持つと、罪のないことまでネガティブな感情を抱くようになってしまい、自分はどこへいけばいいのかわからなくなってしまっていませんか。

    頑張り屋さんですから、もうすこし、肩の荷を下ろしてみてはどうでしょうか。自分という自分に向き合うことで、頑張りすぎちゃっている自分を認めてあげ、そして自分にご褒美をあげても良いのではないかと私は思います。これは決して人生の敗北感や甘えではなく、自分を労わることで次からも頑張ろうと思える大事な作業の一つです。休まることで自分にとっての楽しい何か、またはリラックスできる何かが見えてくると思います。

    生理不順、体重減少、食欲低下など、自分では気づかないうちに体は常にSOSを発信している状態にあります。体への治療も大事ですので、病院へ受診することをお勧めします。
    例えばの話についてですが、ramuさんが休職したきっかけに職場の方は変わるのかもしれません。ある仕事について、「いつもramuさんがしていたんだね」とか気づくことがあるかもしれません。いなくなってこそ、初めてわかるという場合もあります。また、無資格の方が資格取得に向けて準備をするようになるのかもしれません。なので、決してマイナスのことばかりではないということを伝えたかったです。

    気力・体力がしんどいということですから、まずは、相手のことより自分のことを考えてみてはいかがでしょうか。気力・体力がないというのは、言わなくても相手に伝わるというものです。今は相手より自分の心身を優先に考えることをお勧めします。
    頑張っている私から頑張らなくてもいい私になりませんか。頑張らない私は、決してダメなわけではありません!これは断言します!頑張らない私はダメではありません!元気になってからまた少しずつやれることに取り組んでいけばいいだけですよ。

    またしんどいなーと思ったら、いつでもお気軽にココオルに相談くださいね(^^)/
    2014-12-12 11:28 マヒナさん、ご投稿ありがとうございます。精神保健福祉士のミチです。

    まず、「こんな相談」ってことは全然ありませんよ(^^)/ マヒナさんにとっては本当に重要な相談内容だと思いますし、たとえ、ささいなことであってもココオルには気軽に相談していただいて大丈夫です。今回こうして勇気を出して投稿いただき、文字のやり取りですが、お話しできて本当に私としては嬉しいです。少しずつやり取りしていきましょうね(^^)/

    ご相談内容をお読みしましたが、熟睡できずずっと苦しんでおられたのですね。投稿していただいた日も深夜にご投稿いただいたようで、なかなか眠れなかったのでしょうね。

    人間は一生のうち1/3は眠っています。眠りも生きるためにはもっとも欠かせないことなのです。それなのに、眠りを妨げるというのは、深刻な悩みであることがわかります。

    また、学生時代にいじめられるという経験がおありなのですね。その光景が夢に出現するほどということは、大変こころの傷は相当深いもので、苦しく辛いことだと思われます。日中は何かお仕事や活動などされておられるのでしょうか。夜に休めておられないようですので、日中にうとうとしたり、疲れてしまったりはしていないでしょうか。

    夢をコントロールすることは難しいかもしれませんが、睡眠における工夫ならできることなので、してみると良いかもしれません。例えば、枕を変えてみる、寝る前に運動をする、楽しい本を読む、アロマでリラックスするなどがあります。

    いじめへのトラウマを抱えているこころを癒すには、眠りに関する専門医とのカウンセリングが効果的だと思います。悪夢を見続けていると心身への影響も大きいので、ぜひ、精神科(神経科)あるいは睡眠外来などでご相談される事をおすすめします(^^)/

    また、いつでもお気軽にご相談くださいね。深夜でも構いません。わたしたちはいつでもここにいます。お待ちしておりますね(^^)
    2014-12-12 11:21 るしあんさん、2回目のご投稿ありがとうございます。精神保健福祉士のミチです。

    るしあんさんのことをみんなに知ってもらいたい、みんなの輪の中に入って楽しみたいと思っていてもできずにいて、とっても辛いですよね。自傷やODをするほど辛い状態にあると察します。

    その方たちに壁を感じてしまうのですね?
    もしかしたら、るしあんさんが抱く感情がそのまま鏡として相手にそんな感情を表出されてしまうこともあります。自問自答して、相手のことをしっかりと考えられるようにしていく、それには時間がかかり、大きなエネルギーを使い、疲れ果ててしまうかもしれません。そこは、専門医がいる病院に頼ってみませんか。カウンセリングを行うことで自傷やODを止められ、プラス思考な生き方に変われるのではないでしょうか。

    虚無感を抱くというのは、小さいときに何か夢中になれたり、何かに興味を持ったり、何かに一生懸命だった時期があって、それがなくなったときにやってくるものだといわれています。辛い感情とはマイナスのことなので、なんとかしてプラスに考えていけるようにしていきませんか。

    例えばですが、一日に50回ほど「嬉しい、楽しい、幸せ」と実際に口に出してみませんか。心がこもっていなくても、ホントは全然そう思っていなくても全然大丈夫です。「嬉しい、楽しい、幸せ」という呪文で、脳は「嬉しいこと、楽しいこと、幸せなこと」を考えて見つけようとしてくれます。(逆に、死にたい、辛い、苦しい、と言うことばかり口に出したり考えていると、どんどんネガティブになっていきます)

    自傷やODをしてしまうということは、からだもこころも悲鳴をあげ、大ダメージで傷ついてしまっていることでしょう。心療科のある病院へ行って、こころの叫びをしっかりと受け止めてくれるようなカウンセリングをすることをお勧めします。カウンセリングに行きづらい場合は、まずはわたしたちココオル気軽にどんどん感情や想いをぶつけてくださいね。ココオルはいつでもあなたの味方です。辛いことも楽しいことも全部受け止めていきますので、少しずつ楽しく、うれしく、幸せになれるような日々を送れるようにしていきましょうね(^^)/
    2014-12-09 16:02 まきさん、ご投稿ありがとうございます。
    精神保健福祉士のミチです。

    長くなってしまったこと、全然謝らなくてだいじょうぶですよ(^^)/言いたいことがたくさんあると思いますし、たくさん情報があったほうが、こちらとしても大変助かりますし、ありがとうございます!

    現在は診療科に通っておられるのですね。今は息苦しくとかは続いていますか。大丈夫でしょうか。
    主治医の先生は、診断名について特におっしゃっておられないのですね。はっきりしないところがあると、モヤモヤ感が募り不安になってしまうところも出てきますよね。今回ご相談頂いたのは、不安を少しでも取り除きたいという思いがあり、今自分に起こっている症状がどんな病気に該当するのかをいろいろと情報を探るためだと思いますので、自分自身の状況を正確につかもうとしているのは、大変すばらしい行動だと思います。

    いまは、インターネットで情報を簡単に得ることができて、大変便利な時代になりましたよね。しかしその一方で、専門家ではない人の意見や、正しい情報であっても、自分には適合しない場合などもあり、なかなか何が正しくて間違っているのか、どう判断していいかわからない情報も多いのも事実だと思います。なので、気になることはやはり、現在の主治医の先生に直接ご相談されることが最も確実なことだと思いますので、可能な限り直接お聞きしてみてくださいね。もし、直接は主治医の先生にお聞きするのが難しいようでしたら、紙に書いて渡したり、看護師さんを通して聞いてみるなど方法はいくつかありますので、自分が出来そうなことをやってみてくださいね。 

    「症状から考えられるものは何でしょうか」とご質問頂いていますので、まずはどういう状態なのかを具体的に考えていくためにも、ぜひわたしたちココオルを通してお話をしていく、というのも良いと思います。

    ココオルでやり取りをしていく間に、自分が書いた言葉がこうして文字として残され、わたしたち専門家の考えや意見などもゆっくりいつでも読み返すことができますので、この行為によって、頭の中でもやもやしていた部分が、自分の中で整理され、新たな気付きや少し行動しようと思えるような気持にもなっていくかもしれません。誰にも相談できないことは、ここでどんどん吐き出して頂くことで、気分が紛れてしまうという効果もあるかもしれません。

    なので、気が向いたときにフラッと書いてみるだけでもかまいません。ココオルはいつもここにいますから、お気軽にコメントくださいね(^^)/


    2014-12-08 11:42 のなさん、ご投稿ありがとうございます。精神保健福祉士のミチです。

    いつも気が塞いでいて、食べれば少しはまぎれるのではないかという思いで、食べることで紛らわそうとしておられるのですね。いつも気が塞いでいると、本当に大変辛いと思います。この辛さを解放したい、誰かにわかってもらいたい気持ちも少なからずあって、とてもお辛いのだろうなと思います。ココオルに相談頂き本当にありがとうございます。どうすれば今の辛い生活を改善していけるか、一緒に少しずつ考えていきましょうね(^^)

    まず、ご自身では「やや痩せ」気味と思われているようですが、身長からすると、一般的な国際水準(BMI)の測定で計算したところ、なんと標準体重は61.4kgとのことです。なので、現在の体重ですと、27kgほど少ないぐらいで、かなり痩せているというのが現実になります。痩せすぎは病気を起こしてしまうほど危険なものです。

    食べ物を飲み込まずに吐き出す、これはチューイング(噛み吐き行為)と言います。これは健康な方が行う行為ではありませんので、今回ご相談頂いて本当によかったと思います。ご家族や周りの方を含め、世間一般的に、心身が健康な方が噛み吐きをされている人はほとんどいませんので、まずは健康体ではないこと、決して今回の相談は甘えたものではないことをちゃんとご理解頂き、自分を責めたりしないようにしてくださいね。原因と改善などすこしずつ一緒に考えていきましょう(^^)/

    チューイングという行為は、摂食障害になりますので自分の意思の力でどうこうできる問題ではありません。

    ウィキペディアで、「チューイング」の説明がありましたので一部引用しますと、
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0
    「食べ物が口に含まれ咀嚼されて、体(脳)は食事をしている状態だと認識するが、 肝心の食べ物がほとんど嚥下をされずにほぼ吐き出されてしまうので、自律神経が乱されるため、 栄養が吸収されず低血糖状態に陥ったり、さらに異常な食欲が湧いたりする。 次第にチューイングだけで満足感を得られなくなってくると過食嘔吐や、 チューイングによる少量の食物の嚥下をも恐れて拒食症に移行する場合もある。
    またチューイングは自律神経を乱すほかに、 ・基礎代謝が下がる ・唾液腺が腫れる ・顔が浮腫む ・口内炎や血豆ができやすくなる(咀嚼中に誤って口腔内を噛むことが多いため) ・齲蝕になることがある ・胃炎を引き起こすことがある など身体への弊害もある。 さらに女性では月経の停止もありうる。」

    という記載があります。現在のご相談内容ともあてはまるところは少なくありませんので、まずは精神科による専門家のカウンセリングをお勧めします。食べることの意味、チューイングの意味、月経の意味、ストレスの意味など知識を得ることが大事になります。医学の専門家から正しい情報を得て、チューイングなどの摂食障害は本当に危険であることが少しずつわかってくると思います。今のご年齢で月経がないと女性ホルモンが薄れていき、妊娠できなくなる可能性や更年期のような症状が現れることもあると思います。

    「月経がないから楽」と思っているかどうかはわかりませんが、月経が通常ある年代の女性にとって、月経がないということは本当に危険なことです。生きている以上、健康な方と比べて体の老化が早まってしまいます。若いから老化などまだまだ先のことだと思い、関係ないと思われがちですが、老化は遠い将来に待ち受けている現象だけには限りません。

    色々と書きましたが、まずは直接お医者様に診察をしてもらい、お話をしてくことで、今後どういう治療をしていくか確認しながら、薬の治療とカウンセリングをきちんと受けながら、心身とともに健康になっていくことがこれから幸せな人生を送るために最もいま必要なことだと思います。

    決して一人きりで悩み苦しみ続けることなく、いろんな人の助けを借りて、心身の健康を取り戻していきましょうね。すぐに精神科への受診はちょっと勇気がいるかもしれませんので、ゆっくり準備していってくださいね。もちろん、ココオルでも一緒に考えていきますからね(^^)/
    2014-12-04 18:04 碧さん、ご投稿ありがとうございます。精神保健福祉士のミチです。

    会社でのストレス(いじめやパワハラ、人間関係の問題)が引き金となりこのような症状になり、苦しんでおられるのですね。大変つらいでしょう。今の仕事は入ったばかりなのでしょうか。そうでしたら、新しい環境で疲れているのかもしれませんね。

    ただ、仕事に行く自体について、決して当たり前のことではないと思います。
    「当たり前のことができない」と考えてしまっておられるようですが、そもそも、この世に当たり前という言葉は存在しないと私は思います。生きていることさえ、奇跡的なことだと考えていますが、いかがでしょうか。働くことができるということも、病気や障害やご家族やご自身の事情で働くことができない人もいらっしゃいますので、奇跡と言いますが、大変すばらしいことであって、決して当たり前のことではないと思います。

    人間関係については、特にご不満なところは見られないのですね。それは、人見知りのようなところは特になく、誰に対しても接することができるということになるでしょうか。もしそういう感じだとすれば、ご自身の強みはここじゃないかなと思います(^^) 朝と昼は大変お辛い様子ですが、逆に夕方や夜の体調や生活の様子などはいかがでしょうか。そのあたりもぜひお聞かせください。

    碧さん、お書き頂いている、『将来に希望を持てるようにしたい』とは、具体的にはどういう状態をイメージされておりますでしょうか。現実的にはありえない夢のような話でも何でもかまいません。ぜひご自身のイメージ、考えていることをお聞かせいただけませんか。

    碧さん、言葉は「言霊」と言われます。悲惨と思えば、悪い方向へ導いてしまうのだけで良いことはありません。せっかくですから、できるだけ明るい言葉を使っていけるようにしていきませんか。「悲惨な人生」ではなく、「幸せな人生になれるには」、などと前向きな明るい言葉に意識的に置き換えてみるだけで、不思議とこころが少し晴れていくところは少しはないでしょうか。決して急ぐ必要はありませんので、今という時間をどう過ごしていけばいいのかを含めて、これからのことを私たちと一緒に考えてみましょうね。そこから、将来へ向けて少しずつ進めていければいいなと思います(^^)/
    2014-12-02 12:22 lilyさん、ご投稿ありがとうございます。精神保健福祉士のミチです。

    状況を語っていただきありがとうございます。
    苦しくて辛くて大変な想いをされていることが伝わってきています。
    本当に辛かったでしょう。
    勇気を出して、ここにお話していただきありがとうございます。

    過去の自分、役割を演じてしまう自分などから、変えたいと思うのですね。
    ここで少し私が感じたことをお伝えいたしますと、演技をしてはダメなのかなというところです。

    本当の自分をさらけ出したい、だけど、周囲から変に思われないかと心配してしまい、さらけだすことができずにいるのですね。過去に父が帰ってくるという恐怖とリンクしてしまうほど、衝撃的出来事が起こったのですね。このもどかしさをココオルでぶつけていただき、少しでも恐怖心を取り除いていけるようにしていきましょう。lilyさんのことを否定することはありませんので、どんな些細なことでも何でもお話を聴きます。まずはゆっくりいろいろと教えてください(^^)/

    薬は一長一短で効果が出るものではありません。
    医師からの指示通りに従うことが一番です。
    薬は副作用などで大変な思いをされているかもしれませんが、
    薬の性質上、長く飲んでこそ、効果が現れるというものです。
    一度服用をやめてしまうと、また一からスタートとなってしまい、効果を感じられることが遅くなってしまいます。
    もちろん、薬の数を減らしたい、種類を変えたいというご意見については、いつでも病院の先生に言っていただいて構いません。
    でも、医師は何十人の患者さんと相手をしており、とても忙しい場合もありますので、より言いやすいというところを考えると、看護師さんにお伝えすると良いかもしれませんね。

    または、長年ずっと同じ病院で、なかなかうまくコミュニケーションが取れていない、信頼関係がない、うまく話せないという場合は、病院を変えてみるのも一つの方法です。選択肢は他にもありますので、一つしかないということに執着することがないように、どういう選択肢があるか一緒に考えていきましょうね。

    身体はとても大事です。
    倒れてしまっては、元も子もありません。
    生きているだけでも幸せは訪れます。
    私は、lilyさんに感謝しています。
    なぜなら、勇気を出してココオルに書き込みしていただいたおかげで、lilyさんと出会えることができ、幸せだと感じています。

    また、いつでもお気軽にご相談くださいね(^^)/
    2014-12-01 15:58 るしあんさん 久しぶりのご投稿ありがとうございます。精神保健福祉士のミチと申します。

    調子が悪い中、勇気を出してこうやってご投稿いただき、ありがとうございます。すごく嬉しいです!

    本当にいろいろ調子が悪いのに働かなければならない状況にあるのですね。
    それは大変です…。
    死んでしまいたいとは、さぞ辛い思いをされていることと察します。

    まず、一番お伝えしたいことは、他人と比べることはせずに、ありのままの自分を生きて見ることの大切さです。視野を他人に対して向けるのではなく、自分自身、自分の人生に対して向けることが何よりも大切なことだと思います。

    アルバイトという雇用形態に対して、後ろめたい気持ちがあるのでしょうか。アルバイトであったとしても、何問題なく、立派な社会人だと思います。何も卑屈になったり、恥ずかしいということはないと思います。もちろん、世間一般的には正社員は立派だとか、アルバイトを低く見る風潮が無いとは言いません。ただ、人にはいろいろな事情で定職につけない人もいますし、アルバイトという雇用形態であったとしても、それも何らかの理由や事情であって働くことができずに苦しんでいる人は大勢います。

    また、仮に正社員などの定職に就いた場合であったとしても、定職についている人が全員幸せであるとは限りません。また、アルバイトという形態であったとしても、幸せに暮らしている人も大勢いらっしゃると思います。

    生きていると、必ずいいことがあるとは言い切れませんが、生きていなければいつかの幸せにもたどり着くことはできません。

    こころの中でもがき苦しんでいるるしあんさん、ココオルで人生の安らぎや楽しみを一緒に探していきませんか。ささいなことでもどんどん自由に吐き出して頂き、お話をさせて頂くことで、文字として具体的に自分の目で見て、いつでも振り返ることができるようになれば、いろいろな大切なことを再認識できて、自分の頭の中のもやもやしてイライラした部分も少しずつ整理していくことができると思います。ココオルでのやり取りを通じて、ぜひ自分の良いところや考え方のくせ、まずは何をしていけばいいかなど、一緒に考えていきましょう。

    いつでもお気軽にご相談くださいね(^^)/
    2014-11-29 23:12 義太郎さん ご投稿ありがとうございます。精神保健福祉士のミチです。

    まずは資格取得し新しい仕事についたことおめでとうございます。しかし、その後の仕事や人間関係などで大変な思いをされているのですね。仕事だけではなく私生活のほうも苦しんでおられるようですね。

    義太郎さん、情けないことはありません。勇気を出して、ここに投稿していただいたことが私はうれしいですよ。

    投稿頂いた文章を拝見させて頂いて少し感じたのですが、存在意義、、、すなわち他人の価値観のことを気にしながら生きておられないでしょうか。誰もが他の人のことを少なからず意識し、考えながら生きている者です。ただ、他人が良しとすることばかりをいくらやったとしても、自分の人生は楽しくなっていくとは限りません。そればかりか、自分の人生という大きな枠で見ると、他人からの評価とは、その人によって意見や感想は色々と違いますし、自分の人生にとってはちっぽけなものだったりします。なので、他人の価値観をあまりにも気にしながら生きるということは、自分の足りない部分ばかりに目を向けてしまいがちになりますし、自分の強み、良い面をなかなか出していけなくなってしまうことも少なくありません。

    まずは今の辛く、苦しい思いをどんどんここで気軽に吐き出して頂き、どうすれば少しでも良くなっていくか一緒に考えていきましょうね。もう少し義太郎さんのことを教えてもらいながら、一緒に考えていければと思います。今回ココオルにご相談頂いたことを良いきっかけとして、少しずつ取り組んでいきましょう(^^)/
  • プロフィール

    性別
    女性
    生年月日
    非公開
    血液型
    O
    出身地
    千葉
  • 気になる相談一覧

    気になる相談はありません。