タバコ(ニコチン)依存度診断チェック

診断チェック人数:8704

喫煙が健康に悪いということは、ほとんどの人が知ってますよね。喫煙を続けると、がん、心臓病、脳卒中、肺気腫、喘息、歯周病など、特定の重要な疾病の罹患率や死亡率等が高いこと、及びこれらの疾病の原因と関連があることは多くの疫学研究などで指摘されています。また、タバコには依存性があることも良く知られています。依存の原因となる物質は、たばこ煙の成分に含まれるニコチンです。ニコチン依存は世界的には独立した疾患として扱われる薬物依存症の一つです。タバコ(ニコチン)依存度診断チェックで、自分はどのぐらいの依存度なのかチェックしてみましょう。

なお、ココオルユーザーは、「チェック履歴」から過去のチェック結果を確認ができます。ココオルへのお悩み相談時には、過去のチェック結果も参考にさせていただきます。

チェック中...

以下の項目で当てはまる選択肢をチェックしてください。