私は今月大学を卒業する20歳です。

幼い頃からずーっとピアノをやっておりました。ピアノの教師になろうと考えていました。大学もピアノをやるために音大に入りました。大学ではとっても厳しい先生に師事しておりました。でも私のことを考えてくれる暖かくてとても良い先生でした。とても私には勿体無いくらいの腕の良い先生で、私はその先生の元でいろいろ学ぶことができた反面自分の実力も知りました。

演奏会等にも沢山出演させて頂くことはありましたが全て私の実力ではありません。先生の腕のおかげでした。中学、高校時代にコンクール等にもでていましたが、それに入賞出来たのも私の実力ではないということを改めて感じておりました。

こんなにもピアノをやってきたのになんの才能もなく実力もなくただただ無意味な練習をしていたと思うと悲しくなる時もあります。練習に費やしてきた時間を考えると今まで何して来たのだろうと思ってしまうこともあります。無意味な時間を過ごして来たとは思いません。無駄な時間だったとも思いません。意味あることだったのではないかと言い聞かせているんだと思います。

自分のことなのに自分はピアノが好きなのか嫌いなのかも分からなくなってしまいました。でも分からなくなってしまうのはよくあることでした。コンクールに出る時。オーディションに出る時。その為の練習をしている時、私はなんの為にやっているのか分かりませんでした。でも、親が私の為に応援してくれているし、先生の期待という程のものでもありませんがそういったものに応えたいという気持ちも大きかったです或いは先生の名前を汚してはいけないという気持ちもありました。

そういうことを考えていると、私は何でピアノをやっているんだろう何の為にやってるんだろうって何回も何回も考えました。誰にも言えませんでしたが、ピアノを辞めたらどうなんだろうと何回も考えたこともありました。ピアノを弾かない日や遊びに行ったりするといつもどこかしらで罪悪感を感じていました。帰ったらやらなくちゃという思いもありました。ピアノに縛られているような気もしてしまいました。

でも自分で決めたことです。音楽の大学に入りたいと言ったのも私です。私は卒業の演奏会に出演させて頂いたことを機にやめてしまいたいと考えていました。ずっとピアノ教師を目指していましたが、私に教えられるような技術はありません。そもそも本当にピアノ教師になりたかったのかすら分からなくなってしまいました。私は色んな職業に興味はあります。アパレルもそうです。幼稚園教諭は結構前から気になっておりました。

その事について親に相談してみると、音大何の為に行ったのと無駄だったねと言われて口論になってしまいました。親はいつも私のことを応援してくれて私の為に言ってくれてるのだと思います。ピアノも応援してくれました。

母の方は私の演奏には興味なんかこれっぽっちもなかったようですが。レッスンの送り迎え等夜遅くまでやってくれました。ピアノはしばらく弾きたくありません。親の今までの応援などを考えるとピアノ関係や小学校等の音楽教師になった方が良いのかなどと考えてしまいます。

私は最近何がしたいのか。何になりたいのか分からなくなってしまいました。何もしてこなかった自分が悪いと思います。自分のことが全然分からなくなってしまいました。