生保の営業から転職活動をしています。まだ現職は辞めていません。
辞めたい理由は、生命保険を扱って営業することに嫌気がさしたこと、職場の上司に集中攻撃され、仕事に集中できなくなってしまったことなどからです。

キャリアアドバイザーの方を介して活動していますが、自分の転職活動の軸がわからなくなってしまいました。
最初は、生保以外の商材で、遣り甲斐をもって働きたいと伝えたました。
そのため、営業の職種で求人を紹介されています。

しかしよく考えていくうちに、営業では帰宅時間が夜遅くなることはどの企業でも免れられず、仕事後に予定を入れても、仕事につぶされてしまうことが避けられないのではないかとようやく気が付いたのです。

何も、毎日9時5時で働けなければイヤだというわけではなかったのですが、週に1~2日くらいは定時をすぎたら自由に退社したいと思うのです。

その旨を伝えたところ「早く帰らなければいけない理由があるのですか?」と言われてしまいました。
理由がなければ早めに仕事を切り上げてはいけないのだろうか、と頭を抱えてしまいました。

「遣り甲斐もほしいし、でも毎日毎日遅くまで働くのはイヤ」というのは単なる甘えで、社会人としてそれは認められないということなんだったら、私に行先はないように思えて、せっかく書類選考が通過した面接も無断で欠席してしまいました…。
こんな失礼なことをやってしまう私はダメだ、と思考も負のループに入っていっている気がします。

土曜日に大本命(事務ではない仕事で、WLBが取りやすい勤務条件です)の選考があり、そのために勉強もしなくてはならないのに、思うように進められていません。
このままでは全て台無しになってしまいます。

やはり大殺界に転職活動をしているから駄目なのかもしれない、と非科学的なことまで考えだす始末で、転職活動をして早く現職を離れたい一心なのに、気持ちがふさぎます。

どうしたらよいでしょうか?
なにかお言葉を頂ければと思い、相談させて頂きました。よろしくお願い致します。