わたしは今年20になる大学生です。
今のわたしは空っぽです。毎日が辛く感じます。
わたしの母は世間一般から見たら良い親。
わたしにとっては毒親です。
過保護過干渉。自分のことを思ってくれる人がいることは幸せなことだ、という人がいますが望まぬ思いほど重いものはありません。
わたしの母は強い自己顕示欲があります。自分の幸せをアピールしたいのです。私の母の理想は強いものです。小さい頃から理想を私に押し付けてくるような人でした。
私の成績が悪かったり失敗をしたりすると
「お前はダメ人間だ」「子育てを失敗した」「お前は失敗作だ」「お前なんかいらなかった」「お前が○○(優秀な友達や親戚)だったらよかったのに」
小さい頃からそのような言葉を浴びせられてきました。
私が友達からいじめを受けていた時、限界が来て相談しても「いじめられるお前が悪い」酷い嫌がらせを受けて先生が家に来るような事態になっても「人に恨まれるような行いをしているお前が悪い」私がある大人からの性的ないたずらを繰り返されていてその状況を把握した時も「頭の悪いお前が悪い」
私のことを救ってくれるわけでもなく、さらに深いところまで突き落とすような言葉を浴びせるような人でした。
時には暴力もあり、物心がついた時から母親と関わるのが嫌になってしまいました。
私はもともとどちらかというと静かに過ごすタイプでしたが、静かにしていると「辛気臭い顔をするな」旅行先でぼーっとしていると「つまらなそうな顔をするな」すぐ怒鳴られたり殴られたりしました。真顔でいるだけで顔が気に入らないと怒られる毎日でした。ある時から私は底抜けに明るいキャラになり、いつでもニコニコするように心がけるようになりました。
その結果今の私は社交的で友達も多く明るい性格になりました。いつもニコニコしてて悩みなさそうでいいな、いつでも楽しそうなどの言葉をかけられるようになりました。これは母のおかげかもしれません。しかし、それは表面上の私です。創り上げた私です。本当の私はいつも人の目を気にしてビクビクしています。離れたところで友達が話しているだけで自分の悪口を言われてるような気持ちになります。ニコニコと友達と過ごしたあと、一人になると涙が止まらなくなったり辛くて動けなくなったりします。
実家に住んでいるため、逃げ場も居場所もなく感じます。大学生になり自由を手に入れたかのように思いましたが束縛は増えるばかりで自由などありません。
大学受験に失敗したため、大学の面でも満足感は得られません。いつも後悔を背負って通学をしています。
周りの友達が自由に遊ぶ中わたしは家の規則に従ってしか行動できません。
そして、そこまでわたしを苦しめている母は大学生担ってからわたしに”仲良しの親子”という理想を求めてきます。
母の友人の多くが娘と仲が良く、それに対抗したいみたいです。高校生の頃までは兄が家にいて母は兄を溺愛していましたが兄が県外へ行ってからはわたしに仲良しの親子像を求めるようになりました。
わたしからしてみたら、今更、なのです。仲良しごっこをするには遅すぎると思ってしまいます。
わたしはどう頑張っても母を好きになれません。母はそんなわたしを未だに反抗期の娘として恥ずかしく思うと言います。わたしは反抗しているのではなく、もう限界なのです。でも、わかってくれません。
ここまで読んでくださった方、わたしのことを最低な娘だとおもうでしょうか?身の回りのことを全て行ってくれる母は世間から見たら立派な人間だと思います。しかし、わたしはそんな母が辛いのです。身の回りのことを自分でやりたいのです。むしろほっといてほしいのです。
母には何回も自分のことは自分でやりたい、だからほっといてほしい。そう伝えています。しかし、そう伝えると母は泣くのです。みんな私のことを邪魔者にする!私はなんて可哀想な人間なんだ!私はあなたを思いやってやってあげているのに!そう、ヒステリックになり酷い言葉をずっと投げかけてきます。
私は毎日が辛いです。何をする気も起きません。このまま消えて無くなりたいとさえ思います。頭で動きたいと願っても体が動いてくれないこともあります。
もう、限界なのです。