人をステータスで見る癖をやめられません。

出戻りの大学生です。私は、義務教育期間中(小学校高学年~中学生)にいじめを受け、かなり精神を病んだことがあります。
暴力は受けなかったものの、精神的なものの中ではかなりダメージを負うようなことを言われたり、無視されたり、先生に加担されるようなことも多くありました。一番ひどかったのは、クラス全体で私の悪いことを挙げていこう、というのを担任交えた授業中にされたこともあります。しかし、あの時は明らかに、周りよりコミュニケーション、運動神経、頭脳すべてにおいて自分が劣っていた自覚がありましたので、抵抗はできませんでした。
今はコミュニケーションに何ら問題はなく、友達も多く、それなりに知名度のある大学に通い、グループのリーダーに抜擢されるくらいにはなりました。しかし、それはそれなりにコミュニケーションの努力をしたり、勉強をしてきたから得たものです。
当時の思いだったり、自分の気持ちが踏みにじられる経験を何度もしたからか、理屈っぽくなったり、人のいいところをあまり見られなくなってしまいました。どうしても人に寛容になれません。誰かが嫌な気持ちになっても、私はそれより酷いことをあなたより若いときに言われたし、それくらい耐えればいいのに…と感じることも、少なくありません。私はこんなに努力しているのに、なぜこの人は自由気ままに生きているのだろう?というような人もたくさん見てきました。
もちろん、それを表に出すようなことは全くないので、周りからは心優しいと思われている自覚があります。
昔は、自分をいじめてきた人よりも高い位置に立ってやる、という気持ちで努力してきました。その甲斐あってか、中学の頃は私より成績のいい人はほとんどいなかったし、高校受験も大成功しました。(大学はエスカレーターだったので、なんとも言えませんが)しかし、いまは平均より上にいなきゃ、人より成功しなきゃ、一番でなくてはと思うような気持ちにすり替わってしまったような気もあります。ここまでくると一種の強迫観念みたいなものです。
もうお酒が飲める年だし、ここまでこじらせてしまったものを元に戻す方法も思いつきません。建前、数字、成績。損益勘定で生きていますし、そこそこ周りから頼ってもらって、褒めてもらえるこの生き方に不満はなかったのですが、本音を言えば、誰かに寛容になりたいし、優しくありたいし、誰かに心からぶつかってほしいです。
乗り越えるために、アドバイスなど頂けないでしょうか。