私は自殺や人生、生後について考えることがよくあります。むしろ、高校生の頃からずっと考えてきました。
しかし大学生になった今、周りと話していると人生について考えることはあっても死ぬことに関しては考えたことがなかったり、考えても仕方ないからもうどうでもいいと言う人と何人も会いました。逆に「自殺」に関しては考えたことを見つけるのが難しい程だと感じています。
自分がそういう状況だったので当たり前だと思ってましたが意外と死ぬことまで考える人は少ないのでしょうか…?みんなの楽観的な考え方はどこから生まれるのでしょう?
この掲示板にいる時点で少なからず悩み、落ち込んできている人が多いのかと思いますが皆さんの意見をお聞かせください。