私は現在無職で30代の男です。数年から自分は不安障害なのかもしれないと思いながら、今まで生きてきました。
私は幼い頃から人見知りで、引っ込み思案でした。それでも、小学校を卒業するまでは人付き合いにこれといった問題もなくすごしてこられたのですが、中学校に入学し、思春期を迎え、女の子と話すことが苦手と感じるようになりました。そして、比較的厳しい学校の先生とどのように接すればよいかわからなくなりました。
中学校まではまだ同級生の半数以上は同じ小学校出身で仲の良かった友達もみんな同じ中学校に入学したためなんとかなっておりました。しかし、高校生になり、仲の良い友人はみんな別の学校に進学したこと、そして、私の性格上の問題から高校では友達が作れませんでした。他のクラスには同じ部活の同級生がおり、休憩時間はその同級生のクラスで過ごしていたのですが、ある日、その同級生から、「お前、自分のクラスに友達おらんの?」と言われ、それから休憩時間も一人で過ごすようになりました。
それでも、なんとか卒業し、大学生になりました。大学は電車通学でした。毎日、自分はおかしな服装ではないだろうか、髪型はおかしくないだろうかと電車を待つ駅のホームで汗だくになりながら立っていました。電車の中では毎日人から見られているように感じ、怖くて汗だくになり、ずっと俯いて動かないようにしていました。音楽を聴いて気を紛らわそうとすると、それはそれでなぜか緊張しました。
バイトでレジ打ちをしていましたが、並んでいる人が増えるのが見えた瞬間に額から大量の汗が流れました。休憩中には一緒に働くスタッフと2人になることも多く毎回緊張していました。バイトが終わり、休憩室で片づけているとき、みんなで談笑していたのですが、その時もよく知っている人ばかりなのに大量に汗をかきました。
街中に遊びに行くと、大勢の人から見られているように感じ、好きな服を着るのも恥ずかしかったし、CDショップで視聴するだけでも緊張しました。本当はスイーツが食べてみたかったけど、店員さんや他のお客さんから笑われるような気がして結局行けませんでした。
3年生に進級し、就職活動の時期になり、さらに不安障害の症状のようなものを感じ始めました。面接では、毎回汗だくで自分が言おうとしたことは頭が真っ白になって伝えられず、結局、卒業までに内定はもらえず、いまだ仕事を転々としております。
仕事を始めてからも教えてもらっている最中は、「はい。」と頷いて聞いていて、その時は自分でも理解が出来ているのですが、いざやってみるとほとんど何も覚えていなかったり、上司と話すときは毎回緊張し、伝えようと思っていたことも何一つ伝えられなかったりと悩みが多いです。
長々、最後まで読んでいただいた方、ありがとうございます。